ホテル・旅館・病院などの業務用リネン資材や業務用繊維製品を取り扱っています

リネンサプライヤー企業様へのご案内

053-433-6311(平日9:00-17:00)

お問い合わせお問い合わせ

お役立ち情報ブログ

2021/10/14 素材知識 番手とは?

 

「番手」というのは、糸の太さを表す単位です。

数字が小さいほど太く、数字が大きいほど細い糸となります。 これは、 「恒重式」 という計算方式を用いているためです。

恒重式とは、 一定の重さの物体を一定の長さまで引き延ばした時の細さで、 物の細さを表す方式です。

綿の場合は、 1ポンド(約453g)の綿の塊を、 840ヤード(768m)まで伸ばした際の細さを 「1番手」と表現しています。

この1ポンドの塊を、倍の1680ヤードまで引き延ばすと「2番手」 3倍の2520ヤードまで引き延ばすと「3番手」の細さとなります。

番手が大きい(細い)糸をつむぐ場合 より長い・選び抜かれた綿繊維を必要とするため、 細い糸のほうが高価になる傾向があります。

 

参考までに、一般的なワイシャツは40~60番手の糸が使われていることが多いです。 また、綿番手は記号「S」で表す場合もあります。 「S」は「シングル」の略で、「単糸」であることを表しています。 (※単糸について詳細は「単糸とは?」をご確認ください) 例えば、「40S」は、「40番手の単糸」のこ